七夕会 報告

 

こころの交流サロンふらっと♭すぺぇす主催の七夕会を7月7日(七夕の日)にやすらぎ・ふれあい館にて開催しました。天候にも恵まれ、111名(関係者を含む)の来場がありました。会場には七夕飾りの笹2本に利用者やボランティアさんが一生懸命に作られた折り紙や作品・願いごとが書かれた短冊が七夕会を大いに盛り上げてくれました。

 地域の皆様・高齢者・若い世代のお母さんにもこころの病や障害について理解をしていただくことを目的に、東山区こころのネットワークのメンバーや、ボランティアさんのお力添えによりイベントを進行することが出来ました。

   今熊野児童舘(母親クラブ)で活躍されている「くれよん座」さんは、日頃から幼児さん・お子達・高齢者を対象に多くのイベント公演を経験されており、ロング紙芝居(でんわでお話)やブラックパネルシアター(はらぺこあおむし)では、鮮やかな色彩の絵(視覚)に読み聞かせと音楽(聴覚)が同時に楽しめる素晴らしい内容のものでした。また、手遊びや合唱を一緒にする頃には、場内一体となりとても暖かい雰囲気に包まれました。

 地域でいきいきと活躍されている東山シニアクラブ連合会女性部の方達には、レクリエーションダンス「詩人と私」「翼を下さい」の2曲を、美しく揃った優雅なダンスを披露していただきました。

   恒例のお楽しみ抽選会も大いに盛り上がり、お目当ての商品が当たった人もそうでない人も一緒に楽しみました。お陰様で特別飲食である水羊羹と飲み物のセットも完売しました。

   暑い中、前日からの準備や当日の運営・当日イベント参加して下さったすべての方に感謝の気持ちで一杯です。

   担当者として、次回の七夕会にも多くの皆さんに集っていただけますように、心から願っております。

 

 

 

0 コメント

“ふらっと♭すぺぇす”七夕会

今年も七夕会の季節がやってきました。
障がいのある方もないかたも一緒に楽しみましょう。
  ・7月7日(木)午後1時30分
  ・やすらぎ・ふれあい舘
  ・入場無料   
 (詳細につきましてはチラシをご覧下さい)
多くの皆様のご来場をお待ちしております。
続きを読む

修道学区で気軽に集える場-「修道いきいきサロン」が新しくスタート

  4月17日(日)、いつも健康すこやか学級でにぎわう、東山総合支援学校の「ふれあいサロン」で、新しい「居場所」がスタートしました。

 学区の民生児童委員会・社会福祉協議会・シニアクラブ連合会3者の共同開催です。

 独り暮しや認知症高齢者が、今後大幅に増える中、身近な所で気軽に集え、介護予防や認知症予防の広報、そして孤立防止につながるような場所が、今後ますます必要になってくると考えられます。

 既に区内では、いくつかの学区でこの取組みは進みつつあり、今回のこの修道学区のサロンは、東山区地域包括センターの協力で、地域包括支援センターの紹介と認知症予防のお話しと併せ、職員が実際に通勤のバスの中で出会った認知症(と思われる)方を手助けしてお家へ送り届けたお話も紹介されました。

 認知症予防や区内の医療・相談機関の紹介パンフ等も配られ、参加者は、パンフを見ながら職員さんに相談したり、別のテーブルでは出されたお茶とお菓子を手におしゃべりに花が咲いたり。

 個別相談ごとも希望があれば受け、別室でお話しを聴いてくださるとのこと。

 東山区社会福祉協議会としても、既に取り組まれている学区も含めて、このような、気軽に参加でき、おしゃべりができたり、役に立つ知識が得られたり、気軽に集える場を、学区の皆さんと相談しながら広げていきたいと思っています。

 

0 コメント

まちの縁側 貞教学区の「しあわせの森」で、こころの病の方の絵を展示

続きを読む 0 コメント

貞教社会福祉協議会 健康すこやか学級-北区のしょうざんへお出かけ

  4月4日(月)、今年度初めての健康すこやか学級は、恒例の外出行事でした。

   行先は北区鷹峯の「しょうざんリゾート京都」です。この辺りは、光悦寺が有名で、江戸時代は芸術家等が移り住んで文化の拠点になったゆかりの場所でもあります。

   おいしい中華料理を楽しいおしゃべりと一緒に味わった後は、カラオケで楽しみました。

 また、有志3人のフラダンスの披露もありました。ハワイアンの他に日本の曲をハワイアン風にアレンジしたものに合わせたダンスも。ゆったりした音楽とダンスは、健康すこやか学級のくつろいだ雰囲気に合ったものだったと思います。

 「来てよかったわぁ」と、ふだんあまり外出されないというある参加者。同じテーブルの皆さんとおしゃべりを楽しまれていました。

   送迎バスに乗って30分で東山区とはまた違う閑静な雰囲気の中の集いでした。今回も、昨年同様皆さんに好評で、会長は、当日参加者のご意見を聴いたうえで、来年度の予約もされました。

 来月からの「やすらぎ・ふれあい館」での定例のすこやか学級でまた会う方も多く、皆さん「また来月」とにこやかに挨拶をされ帰っていかれました。

                            (文:森浩明)

視覚障害の利用者も一緒に-「やすらぎ・ふれあい館」防火・避難訓練

 「やすらぎ・ふれあい館」は、地域の福祉活動等の拠点施設として多くの方にご利用いただいています。

 2月9日、東山消防署のご指導の下、区社協職員と館利用者の皆さん一緒に、消防法に基づく防火・避難訓練を行いました。

 訓練は、119番通報・初期消火・避難誘導を確実に行えるようにするものです。今回、視覚障害者支援ボランティア「スキップ」のボランティア会員と障害会員の方、そして、館内の清掃に来ていただいている「工房ソラ」(知的障害の方の施設)の利用者・職員も参加され、「スキップ」会員は、火災発見と職員への連絡、避難誘導に従っての避難という動きを担ってくださいました。

 避難後は、消火器を使っての訓練でした。

 視覚障害の方には、消防署員とスキップ会員の方が手を取って消火器に実際に触れてもらい、安全ピン・レバー・ホースの扱い方をていねいに説明され、放水も一緒にされました。視覚に障害のある方は、触ってできるならと積極的に消火器を扱っておられたようです。

 訓練後は、消防署員へのたくさんの質問がありました。

 スキップ会員から、消火器の種類や耐用年数、購入方法等の質問とともに、「耐用年数を過ぎた消火器の処分方法についてよく知られていない」等、関心の高さがうかがえました。同時に、視覚に障害があることによる火災時の不安や、火災にならないよう人一倍気を付けておられること等、口々に語っておられました。

 また「これまで消火器を扱ったことがなかったけれど、実際に教えてもらってよくわかり、とてもよかった」との感想が何人かからありました。

 やすらぎ・ふれあい館は、多くの地域の方の福祉活動・自治会活動等に使われています。ご利用の皆様が安全に使っていただくよう、引き続き配慮して参りたいと思います。(文:森 浩明)

 

 

 

0 コメント

ふらっと♭すぺぇす卓球交流会

 平成28年1月15日(金)やすらぎ・ふれあい館にて、こころのふれあい交流サロン“ふらっと♭すぺぇす”主催の卓球交流会を行いました。

 日頃から当サロンを利用しているメンバーさん同士の卓球交流会で、今回試合に初参加される方や飛び入り参加もあり、普段と違った利用者の人柄も知ることが出来る良い機会となりました。

 受付・体操・審判などたくさんのボランティアの協力のもと、ふらっと♭とすぺぇす流のほのぼのとした雰囲気の中で、誰もが自分の持っている最大限の力を発揮されました。

 入賞者だけでなく、参加者全員にはささやかな参加賞をお渡し出来ました。

 

 優勝者Fさんからの感想を掲載します。

 皆さん、練習では強いのに、本番では疲れていたのかな・・・?

手加減をしていただいて、試合に勝たせてもらいました。(皆さん、優しい…!!) 最初は気乗りがしなかったのですが、大勢で和気あいあいと盛り上がったように思います。いざ、参加してみると楽しかった!

 

 皆さん、日頃の運動不足やストレス解消になったのではと思います。

来年もまた多くの方の参加をお待ちしております。

 

歌と演奏、体操もビンゴも ―  東山区こころのふれあいネットワーク「クリスマス会」                                                     

 12月18日(金)、やすらぎ・ふれあい館で、東山区こころのふれあいネットワークと“ふらっと♭すぺぇす”の共催、毎年恒例の「クリスマス会」が開催されました。

 参加者は80名、会場いっぱいの人でした。

 今回は、音楽を通して障害のある方と地域の皆さんとの交流活動を進めているNPO法人「音の風」に「歌と演奏の時間」をお願いしました。

 「音の風」の方は、クリスマスソングをメインに、会場の皆さんと一緒に歌や演奏を。会場の皆さんは、受付で渡された小楽器や手作り楽器を歌や演奏に合わせて鳴らします。前に出て太鼓をドンドコ打ち鳴らす方もいて、出演者と会場と一体になった楽しい時間でした。

 音楽で楽しんだ後は、体操ボランティア「ホップステップ東山」の皆さんの指揮によるアトム体操で体をほぐしました。ビンゴゲームの景品は“ふらっと♭すぺぇす”利用者やこころのふれあいネットワークからもたくさんいただき、園芸活動をされている「ガーデン東山」からは、新鮮な大根を景品にと差し入れもありました。

 参加者からは「こころのリフレッシュができて晴れ晴れします」「にぎやかな雰囲気が大好き」という感想もいただきました。

 いつも、前日の飾り付けや当日の運営には多くのボランティアさんが協力してくださり、飾りは年々凝ったものになっています。サンタクロースの衣装で会場を盛り上げ、帰りのプレゼント(なづな学園のクッキー)をお一人お一人に渡してくださるボランティアさんも。多くの皆さんのご協力とご参加で盛り上がった楽しいクリスマス会でした。

 こころのふれあい交流サロン“ふらっとすぺぇす”は、地域の皆さんや「東山区こころのふれあいネットワーク」の関係機関と一緒に、これからも、心の健康への理解を広げるために、いろいろな取組みを行っていきます。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。(文:森 浩明)

0 コメント

「障害者週間」街頭啓発活動―障害への理解を広げる

 12月3日から9日は、全国で障害者への理解を広め深める「障害者週間」の啓発活動が取り組まれます。

 東山区でも、東山区身体障害者団体連合会の皆さんと、12月5日(土)朝、京阪四条駅周辺で街頭啓発活動を行ないました。

 この付近は区民だけでなく観光客等多くの人が行き交います。団体連合会の皆さん、熱心に声掛けとティッシュペーパーを配られ、予定の1時間よりずいぶん早く40分あまりで配り終わりました。

 身体障害者団体連合会等、当事者の皆さんの長年のご努力で、障害者に対する理解や施策は少しずつではありますが改善されてきています。

 この障害者週間の取組みも、障害者基本法の改正により、国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的として、従来の「障害者の日」を拡大するものとして設定されました。

 東山区社会福祉協議会も、こころのふれあい交流サロンや障害児者のデイ銭湯事業等を実施しつつ、当事者の皆さんとともに、障害のある人もそうでない人もともに安心して暮らせる地域づくりを進めていきたいと思っています。

(文:森 浩明)

 

0 コメント

視覚障害者支援ボランティア「スキップ」 楽しく昼食交流会

  スキップの皆さんは、月に2回集まって活動をされています。

 1回は世話人会、もう1回は活動日として、視覚障害の方と一緒にお茶を飲みながら語らったり、また、 ボタン付け等簡単な裁縫や読み書き、新聞広告の音読等のお手伝いをされています。先月には、問い合わせのあった山科区の男性のズボンの裾とウエストのサイズ直しをして、感謝されています。

 12月8日(火)の活動日は、恒例の昼食会でした。

 この日は、世話人の方全員揃い、初めて参加のガイドヘルパーさん、そして会員含めいつもより多い17人の出席で、おいしいお弁当を食べながら、皆さんそれぞれお話されました。「家で一人でいると心がふさぐ。ここへ来たら一人ではないので歌も歌える」「今日はたくさん話ができる」と会員の皆さん。ボランティアの方は「生活の基本を大切にしている。手伝いできることが私たちの誇り」と、毎月の活動を通しての思いを語られました。

 いつもの活動日のように、新聞の広告の音読を聴きながら、スーパーで何を買おうか、ボランティアさんと楽しそうにお話しされている方もいました。

 ボランティアさんのハーモニカと珍しい葦笛の演奏に合わせて歌も歌いました。葦笛は音色を聴くだけでなく触って尺八や竹笛との違いを確かめる方もおられました。

 食事あり、演奏あり、歌あり、そして何より楽しいおしゃべりありの楽しい活動日でした。 

   

 

0 コメント