修道学区社協・白河総合支援学校東山分校生徒による配食サービスを実施

 4月16日(水)朝から白河総合支援学校東山分校の調理室で修道学区社協役員、ボランティア,学校の生徒が一緒になって配食のお弁当を作りました。今回は初めての試みとして事前に申し込まれた修道学区のお年寄りの方を役員と生徒が一緒にまわりお弁当のお届けをしました。

 初めてのことなので、生徒もどうしてよいかわからず、役員さんの「こんにちわ!元気でしたか。」の声掛けをお手本に,少し照れながらお弁当を手渡していました。

 修道学区社協の方から,「手作り弁当は作るのも大変ですが,お弁当を持っていく生徒と待っていてくれるお年寄りのコミュニケーションの機会として自然にかかわれるようにしていきたいという気持ちです。」とのコメントもいただきました。また次回も一緒に作って配達しましょう。(事務局 藤井一)