平成29年度事業計画及び収支予算

ダウンロード
H29年度事業計画書・予算書.pdf
PDFファイル 2.1 MB

平成28年度事業計画及び収支予算

ダウンロード
平成28年度事業計画・予算書.pdf
PDFファイル 2.4 MB

平成27年度事業計画及び収支予算 

 ★重点事業

1.学区社協の活性化

①学区社協重点目標の推進支援

平成25年度に学区社協が策定した重点目標を推進するために,学区社協・民生委員・老人福祉員をはじめ,福祉施設やNPO・ボランティアとも必要に応じて連携し,目標の達成に向けた支援をします。

②地域の絆づくり事業『見守り活動』『居場所づくり』『相談活動』の推進

学区社協台帳の更新作業や区社協職員の学区活動への参加などを通じて学区社協活動の実態を把握し,活動拠点の提供など施設と連携した活動を促すなどにより,地域の絆づくり事業の拡充を支援します。

③社会福祉施設と連携した取組みの推進

 

2.生活支援活動によるセーフティーネットの強化

①生活支援サービスの実態把握と新しい助け合い活動や担い手養成の取組み

介護保険制度の改正を踏まえ,市社協と連携して高齢者に対する多様な生活支援サービスの実態把握に努めるとともに,新しい助け合い活動に向けた取り組みや元気な高齢者等を対象とした担い手養成の取り組みに着手します。

認知症の方と介護者が集えるサロンを立上げ,運営

東山区認知症ネットワークで検討してきた東山区の認知症対策の一環として若年性認知症や初期認知症,認知症の疑いがある方とその家族が気軽に集えるサロンを立ち上げて運営をします。

③生活支援セーフティネット強化に向けたサービスの開拓・検討

学区社協事業「絆づくり事業」を通して高齢者の生活課題を把握し,関係機関や団体とのネットワークを活かした訪問,寄り添い型の個別対応を行います。

東山区セーフティネット構築モデル事業の継続実施

『地域・大学・行政』が連携した買物支援事業のコア・エリア支援,サテライト事業,LED電球による相互見守り活動『ひかり・通信』を継続してすすめます。

 

3.総合的な相談支援活動

①福祉総合相談窓口機能の向上

住民の身近な相談窓口として,福祉総合相談窓口を開設し,あらゆる生活上の相談を受け止め,行政をはじめ専門機関,関係団体等との適切な対応を進めていきます。

②日常生活自立支援事業の利用促進

知的障害や精神障害,認知症などにより判断能力に不安がある住民が安心して生活ができるよう専門機関・関係団体との連携を強化し,日常生活自立支援事業の利用を一層進めます。

また,本事業を支える生活支援員が不足しており,学区社協関係者をはじめ広く住民へ周知し,確保を図ります。

③生活福祉資金貸付事業貸付相談,民生委員や関係機関等との連携による償還相談や生活支援の強化

失業や病気など何らかの理由により生活困窮世帯へ,生活福祉資金貸付事業貸付相談を進めます。一方,償還滞納者に対し民生委員や関係機関との連携による償還相談や生活支援を強化します。

 

予算

     収入  25,283千円

     支出  24,918千円

     収支差    365千円

 

ダウンロード
H27年度事業計画.pdf
PDFファイル 339.1 KB
ダウンロード
H27予算書.pdf
PDFファイル 157.2 KB

ダウンロード
26年度事業計画及び予算書.pdf
PDFファイル 374.9 KB

ダウンロード
25年度事業計画及び予算書.pdf
PDFファイル 457.6 KB